彩色絵葉書がなつかしい「昭和30年代 モダン観光旅行」

読書感想

総天然色レトロトラベル本「昭和30年代 モダン観光旅行」は、昭和30年代の膨大な絵はがき、旅行パンフレットで当時の旅行、レジャーを紹介しています。

彩色観光絵はがきのレトロ感

昭和30年代はカラー写真が高価だったためか、当時の絵葉書はイラストか、モノクロ写真の上から彩色を施している彩色写真が主流でした。

しかし、このカラフルで独特な色あいがレトロな雰囲気と、時代のパワーを感じるのです。また、写真だけでなく、絵はがきに添えられたフォントも力強くて(しかも色は赤)今ではありえないデザインが逆に新鮮に感じられます。

レトロな乗り物

観光地だけでなく、当時の交通機関も紹介されています。昭和の乗り物は電車もバス、ロープウェイやケーブルカー、どれも独特の丸みがあって、それがとても可愛いらしいのです。

高尾山のケーブルカー。ケーブルカーやロープウェイは、乗り場や車両が古いまま残っていることが多く、それが昭和30年代の雰囲気を感じさせてくれます。

高尾山ケーブルカー

当時、飛行機は高価でセレブ専用の乗り物でしたので、今では考えられないようなVIPルームも。ノースウエストの「富士山ルーム」にはなんと畳が敷かれ、外国人VIPは靴のままでくつろいでいる写真が掲載されています。

こちらの「エアライングッズ・コレクション」には昔のエアラインのポスターやチラシ、航空券などが紹介されています。ノースウエストの「富士山ルーム」など、レトロな空旅の様子がわかる一冊です。

大観光時代

昭和30年、ようやく庶民の間にも旅行やレジャーが浸透しはじめ、人々はこぞって海水浴や遊園地、スキーや新婚旅行など、さまざまな観光地に出かけるようになったそうです。

絵はがきを見ると、色鮮やかな着物の女性や(足場の悪い場所も草履で旅する昔の女性すごい…)、ロングスカートや髪に巻いたスカーフなど、当時の流行を身にまとった女性たちのファッションが今見てもおしゃれ。

高原ではハイキングや山登りも行われ。サザエさんのエンディングにでてきそうな小さな山形の小屋や、樽型のバンガローなどが紹介されています。

観光地の広告看板

また、観光地のベンチには必ず広告が入った看板が設置されていて、絵はがきにも残っています。今はだいぶ少なくなりましたが、たまに観光地で見かけます。こちらは永平寺の近くでみかけた「カメヤマローソク」のベンチ看板。

カメヤマローソク
ベンチ広告板・カメヤマローソク(永平寺)

昭和30年代モダン観光旅行は主に観光地と交通機関の情報ですが、「ノスタルジック・ホテル物語」は「宿泊」にスポットを当てたレトロ観光本です。こちらも合わせて読むと、観光とホテルの歴史がわかりやすいです。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA