『続・懐かしくて新しい昭和レトロ家電 増田コレクションカタログ編』

読書感想文

前回紹介した『増田さんちの昭和レトロ家電』は、今見るとトンデモな昭和のアイデア家電をご紹介しましたが、今回はカタログ編のご紹介です。

昭和家電のもうひとつの魅力・紙もの

現代のグラフィックデザインは「イメージ」を売るため、印象的な写真やキャッチコピーを用いますが、昭和レトロ家電のチラシやパンフレット・ポスターはとにかくインパクト重視。型抜きチラシや、現代ではありえない目立つ赤色タイポ、かわいいイラストがこれでもかと入れ込まれていて情報満載。

チラシからも当時の家電にかける熱量が伝わってきます。

ユニークなキャッチコピー

JARO設立以前の昭和20~30年代は広告のうたい文句もある意味「やりたい放題」なので、今では絶対できないトンデモなキャッチコピーを見るのも楽しいのです。

  1. 市場がすっぽりはいります
  2. 芸術と娯楽の大殿堂にご招待!
  3. 宇宙時代にふさわしいジェットスタイル

これらのキャッチコピー、どんな家電だと思いますか?

答えは1.冷蔵庫、2.テレビ、3.扇風機です。3.の扇風機はちょうどスプートニク打ち上げで米ソの宇宙開発合戦が始まった頃だったため、こんなコピーがついたんだとか。

制約を逆手にとったモダンなデザイン

昭和のチラシやカタログは現代に比べて制約が多い。高解像度の写真をバーンと載せるような印刷技術も予算もなかったろうし、使える色数も限られていたはず。

モノクロ写真に紫や青のインクで印刷したり、少しでも彩り鮮やかにしようとする昭和のデザインの工夫が光ります。それが今見ると、とてもモダンでかっこいい。

写真はたしかにイメージを伝えやすいけれど、昭和のチラシはその分イラストや図解、レイアウトで商品の特徴を伝えています。現在のカタログと昭和のカタログ、見比べてどちらが印象に残るかと言われれば、私はやはり「昭和」を選びます。

そしてトンデモ家電の数々

そしてこの本でも昭和のトンデモ家電をカタログでご紹介。ダイアルがふたつ、受話器がひとつの「ボース・ホーン」ポータブル洗濯機「マミー」は、たらいに直接挿入して撹拌するタイプのミニ洗濯機。(感電しそう…)

ちょっと何言ってるかわからないと思いますが、わたしも何を言ってるのか自分でもわかりません。それくらいカオスな昭和家電の数々。そんな試行錯誤の家電のカンブリア紀が、現代の家電の発展につながっているんですね。