中原淳一の料理番『エプロンおじさん: 日本初の男性料理研究家・牧野哲大の味』 

読書感想文

中原淳一の料理番ともいえる牧野哲大さん。「エプロンおじさん」と呼ばれ、男性ではじめて料理研究家となった牧野哲大さんの「エプロンおじさん: 日本初の男性料理研究家・牧野哲大の味」。

料理で中原淳一の美を支え、雑誌『それいゆ』などの料理を担当しました。

人生の師である中原淳一さんとの出会いと、料理研究家としての歴史を、かわいらしい写真と美味しそうなレシピで綴った一冊。この本の魅力はそのまま、牧野さんという方の魅力につきます。

牧野さんは、少女の心をもつ、いつまでも少年のようなかわいらしい男性で、母親がもっていた中原淳一のイラストに興味をもち、かわいいものや美しい世界をつくる中原淳一に憧れて東京へ。

やがて「ジュニアそれいゆ」などの料理コーナーを任されるようになると、フードスタイリストなどいなかった時代に、料理だけではなく、栄養やテーブルセッティングなど、料理にまつわるすべてのものを美しく、愛情深く演出していきます。

男が料理やおしゃれをすることに今以上に抵抗があった昭和時代に、自分の好きなスタイルで生きるのは大変なことだけれど、牧野さんは師の中原淳一さんと同じく、いつもおしゃれなエプロンで自分の志をつらぬいていったのです。

本の中にでてくる中原淳一の雑誌付録や、牧野さんの食器や雑貨のコレクションがまたかわいいし、レシピだけじゃなく、生活そのものがおしゃれで「かわいいもの」にあふれているんです。

昭和レトロレシピ集『中原淳一の幸せな食卓』