「不便」が楽しいレトロトイカメラLomoLC-A+

カメラ

若い世代を中心に昭和・平成時代の文化を「エモい」とするレトロブームが来ているそうです。

「写ルンです」などフィルムカメラのほか、「一定時間たたないと写真が確認できないアプリ」など、不便をあえて体験できるものを使うのだとか。

使い捨てカメラのようなアプリDispo

Lomoで撮影・川越の洋館

そんなレトロ好きの人たちに、私が紹介したいのがロシア生まれのトイカメラ「 Lomo LC-A+ 」です。

トイカメラLomo LC-A + とは

Lomoはロシア生まれのシンプルなフィルムカメラで、昔のカメラのようなレトロでかわいいデザインが魅力です。また、Lomoで撮影すると、普通のカメラとは一味違った雰囲気の写真をとることができます。

Lomo LC-A +のメリット

他にはない個性的な写真が撮れること

とにかく、かっこいい写真が撮れる!Lomoの写真はすこしぼやけたような雰囲気と、色鮮やかな発色が魅力的です。

失敗しても味がある

Lomoの写真は、たとえピンぼけしていても、どこか味のあるアート風な作品のような仕上がりになります。こちらは露光を失敗した夏祭りの写真。提灯の明かりがアートっぽく仕上がりました。

トイカメラ失敗写真

カメラ本体のデザインもカッコいい

Lomoの本体は、昔のフィルムカメラのようなレトロデザインで、シャッターやのぞき穴、各種調整スイッチに至るまで「カチカチ」と音のするアナログ仕様。それがまたいいんです。

レンズの左右には、滑り止めのザラザラとした素材が使われていて、これもまた、昔のカメラをイメージしています。

Lomo LC-A +のデメリット

現像や修理にお金がかかる

まず、本体が高いです。Lomoカメラだけで最低2万円代。その他にフィルム代、現像代がかかります。そのほか、レンズなどのアクセサリーを揃えるとなるとまたお金が…。

そしてこのLomoというカメラは、時々故障します。私もこれまでフィルムが巻けない、シャッターが押せないなど、トラブルに見舞われ、修理をお願いしたことも何度かあります。

公式サイトロモグラフィーに修理情報も

まとめ

このようにLomoは手間もお金もかかるカメラですが、それでも数十枚撮った中から「奇跡の一枚」のような色合いの写真が撮れることがあり、手間もお金もかかりますが、それだけの価値のあるカメラだと私は思ってます。

Lomoカメラより安価なLomo'Instantは、チェキのフィルムで撮影ができる気軽なカメラ。

まずはこちらで使用感を試してみてもいいかもしれません。

「不便」が楽しいレトロトイカメラLomoLC-A+と似ている記事

記事はありませんでした。

おすすめ