中原淳一のレシピ『中原淳一の幸せな食卓』

読書感想文

中原淳一さんといえば、「少女の友」「それいゆ」「ひまわり」といった少女・女性雑誌を彩ったイラストレーターで、その美意識はファッションに生活全般にわたり、日々の暮らしや、美しい心のあり方を提唱されていました。

本書「中原淳一の幸せな食卓」では、サンドイッチやケーキ、スープなど現代でも作れそうな料理のレシピが掲載されています。 しかし戦後すぐの雑誌からの掲載のため、中には現代では考えられないレシピも…

おどろきの昭和20年代レシピ

まず、調味料や材料名が現代とはかけ離れています。使用する缶詰が配給だったり、昭和20年代なかばまでは砂糖も配給だったりと、戦後の食糧事情がかいま見れます。

  • サッカリン
  • ズルチン
  • メリケン粉
  • チサ

これ、なんのことだと思います?サッカリンとズルチンは昔の人工甘味料で、健康を害するということで現在では使用されていません。

それでも貴重な甘味だったらしく、レシピの中でも「耳かき3杯」(耳かき1杯でひとつまみほど)など、使用する量は少なかったようです。(ただ、貴重な砂糖はカップ1杯なんて記述もでてきますが…)

レトロで優雅なレシピ

メリケン粉は小麦粉、チサはチシャ、今で言うレタスのことです。

レシピは今とそれほど変わらないのですが、サラド、ジェリー、ケーク、コンソメエなど、レトロな響きのレシピにはなんだか違ったお料理のように感じられます。
たまにはこのレシピを眺めながら、ゆっくりとお料理をつくってみてもいいかもしれません。

市川ジュンさんの「懐古的洋食事情」は明治から昭和までの洋食にまつわるものがたりで、こちらでも「チシャ」「ブフェ」「ホールクコットレット」など、レトロでノスタルジックな響きの洋食がでてきます。

作るのではなく、料理を読む本

この本に掲載されたレシピは、昭和20年代の雑誌に掲載されたものなのですが、食糧難で餓死者がでるほどだったのに、レシピの料理はどこか浮世離れした印象があります。

レシピには現代版の注釈がついているのですが、その注釈でさえも「食糧難の時代、何人の人がビーフコンソメを作れたのでしょうか」と、ツッコミにも似た文章が書かれています。

おそらく、これらの「作る」というより「読む」、レシピというより読み物だったのではないでしょうか。

実際に作ったり食べたりできなくても読んで空想を膨らませたり、実際にこんな豪華な料理を作れる暮らしを想像したり。

もののない時代だからこそ、レシピに夢をもたせたのかもしれません。

中原淳一の料理担当・エプロンおじさんの話

中原淳一のお弟子さんに当たる料理研究家・牧野哲大さん。この本の料理も担当されています。この方のエッセイも面白いのでおすすめです。中原淳一は女性を描かせたらすごいのですが、料理の絵はあまり好きではなかったのですって。

美しい心のあり方

中原淳一の提唱する美しい暮らしは、豪華な食材をつかうことではなく、食卓におかれた一輪の花であったり、おもてなしの心であったりするのです。

かわいいエプロンで料理したり、日々の暮らしを丁寧におくること、それこそが幸せな食卓なのかもしれません。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA