高度経済成長時代のビルは『ヤバいビル』

読書感想文

『ヤバいビル』とは高度経済成長時代に建設された、個性的なデザインのビルを、作者が名付けました。

そして、ヤバいビルは装飾過多で、個性豊かにデザインされています。

人を呼ぶために派手で明るく、目立つようにデザインされたビルは、遊び心と個性に溢れていて、とてもかっこいいのです。

中矢組ビル側面
ヤバいビル

この本では、そうした高度経済成長時代のヤバいビルを「船型」「R」「丸窓」などの装飾別に紹介している他、有名建築家の作品との比較(どこをパクリ…じゃなかった、リスペクトしたか)も掲載。

そのほかにも、中銀カプセルビルなど、有名建築家の「ヤバい」作品も紹介しています。

また、レトロタイポ好きにもたまらない、ビルやマンションの個性的な書体だけを集めたコーナーなど、レトロビル好き、タイポ好きにはたまらない一冊です。

レトロタイポについては、こちらをご覧ください

看板建築とけしごむ建築

関東大震災後、被災した商店を再建する時、商店の正面をモルタルや銅板で装飾した店舗建住宅のことを「看板建築」といいます。

これに対し、作者は低層のビルやマンションに「けしごむ建築」と名付けました。時代が新しくなり、新しいビルには、それに見合った呼び名がつけられるものですね。

街中のヤバいビルをみつけてみよう

『ヤバいビル』を読むと、自分でも古いビルを見つけてみたくなりました。探してみると街には意外と、個性的なデザインのビルがちらほらと存在しているのです。

私が見つけた「ヤバいビル」は大阪・通天閣から見えた大隅アパートです。多角形のベランダ、茶色のアクセントが入った壁、赤く塗られた屋上の手すり。

おそらく、関東ではあまりみかけない斬新さです。

大阪の建物は関東のデザインとひと味違って、興味深いものが多いですね。

大隅アパート
大隅アパート(大阪)

作者の三浦展さんは、赤線地帯を調査した『花街の引力』や、ベストセラー『下流社会』など、都市や社会と人間の関係に関する本を書かれています。

他の本も興味深くて、ぜひ読んでみたくなりました。