カテゴリー: 読書感想文

『はみだす緑 黄昏の路上園芸』

家をおおうツタ、伸び放題の路上植物。そんな街中でみかける植物を村田あやこさんは「路上園芸」と命名して、それらを楽しむために「路上園芸学会」を設立しました。 そんな村田さんの本『はみだす緑』では、はみださんばかりに成長した […]

高度経済成長時代のビルは『ヤバいビル』

『ヤバいビル』とは高度経済成長時代に建設された、個性的なデザインのビルを、作者がこう名付けました。 ヤバいビルには今のようなオシャレ感はありません。装飾過多で、個性豊かにデザインされています。 人を呼ぶために派手に明るく […]

中原淳一の料理番『エプロンおじさん: 日本初の男性料理研究家・牧野哲大の味』 

なんてかわいい本なんでしょう。「エプロンおじさん: 日本初の男性料理研究家・牧野哲大の味」は中原淳一の少女雑誌『ジュニアそれいゆ』で料理コーナーを担当し、その後男性ではじめて料理研究家となった牧野哲大さんの料理本です。 […]

『戦前日本SF映画創世記: ゴジラは何でできているか』高槻真樹

昭和29年『ゴジラ』という前人未到のSF映画が完成するまで、日本映画はどのようにしてSFの表現を模索してきたか。 日本映画の黎明期の稚拙なトリック映画から、キングコングに影響を受けた和製映画、はたまたアマチュアの自主制作 […]

『映画探偵: 失われた戦前日本映画を捜して』高槻真樹

幻の戦前映画を探し出す「映画探偵」たちのドキュメンタリー。映画発掘と修復・公開に挑む人々の苦労と、フィルムコレクターの執念。

おすすめ