『映画探偵: 失われた戦前日本映画を捜して』高槻真樹

読書感想文

戦前の日本映画は現在そのほとんどが失われています。

このブログを書いている2021年にも特撮の神様・円谷英二が撮影した戦前の映画『かぐや姫』がイギリスから発見されて話題を呼びましたが、戦前の映画発見はそれほど珍しいことなのです。

 円谷英二撮影の幻の映画「かぐや姫」イギリスから帰還

映画探偵: 失われた戦前日本映画を捜して』は、今は失われた戦前の映画を探す「探偵」たちを通して、映画黎明期から戦前までの映画の歴史と、幻の映画を追い求める人々の姿を追ったドキュメンタリーです。

幻の戦前映画を探して

なぜ、戦前の映画が幻となってしまったのか。

それはどうも戦争による消失だけではなく、燃えやすく劣化しやすいフィルムの性質や、ずさんな上映体制など、複合的な理由によるものだそうです。

現代では考えられない、戦前映画のトンデモな上映スタイル

  • 上映後フィルムをその場で裁断、販売
  • 同じ脚本で違うタイトルの映画が撮られることがあった
  • 上映側が勝手に編集、名前を変えて上映(他のフィルムとつなぎ合わせたりは日常茶飯事)
  • フィルムが燃えやすく劣化しやすいため保存が困難だった

…いやもう、現代では考えられないずさんさですね。こうしたことが、映画を探すことを困難にしているのだそうです。

 『戦前日本SF映画創世記: ゴジラは何でできているか』

国内外で発見される日本映画

しかし、それでも少しずつですが、失われた映画が発見されていきます。名作『忠次旅日記』は広島から、『何が彼女をさうさせたか』は、なんとロシア(ソ連)で見つかりました。

忠次旅日記

『忠次旅日記』はキネマ旬報の邦画ベストワンに選ばれたほどの名作でしたが、このフィルムもまた長いこと行方不明でしたが91年に広島の民家から発見されました。

しかし当時の映画は上映側が勝手に他のフィルムをつなげてしまうので、なにが正しいのか判断が難しいのですが、そこで判断の一翼を担ったのがファンの集めた資料だったそうです。

いつの時代もオタクの情報収集力は侮れませんね…。

何が彼女をそうさせたか

このロシアでの映画の売買に関しても、ソ連崩壊直後だからできた、ドラマチックな話がでてきます。戦前の日本は満州(中国東北部)を植民地化していた関係で、終戦後大陸にあったフィルムがロシア(ソ連)に押収されました。

長らく行方不明だった名作『何が彼女をそうさせたか』は当時、新興の映画会社だった帝国キネマの作品で(当時は数多くの中小映画会社が乱立していた)、 帝キネ創業者を祖父に持つ 映画館経営者がなんとしても自館で祖父の制作映画を上映したいという執念から、瓦解したソ連の混乱に乗じて買い取ってきたのだそうです。

戦前の日本映画が海外で発見されるのは、当時日本が植民地化していた台湾、満州、朝鮮、満州や、移民の多いアメリカへ輸出されたり、植民地へ侵攻してきたロシア(ソ連)などに接収された可能性があるからだとか。

そういえばアメリカ人男性と日系女性の恋を描いた「愛と哀しみの旅路 」という映画でも劇中で戦前の名オペレッタ「鴛鴦歌合戦」が使われていました。

映画探偵たち

今では幻となった戦前映画を探し出し、修復保存をおこなうフィルムセンターなどの公的機関から、民間で資金を募り収蔵、上映をづづける団体。映画のフィルムコレクターなど、一口に映画探偵といってもさまざまなタイプの探偵たちがいます。

無声映画の解説をおこなっていた活動弁士たちもコレクターだったんだそうで、これは、興行用のフィルムを自前で用意しなければならなかったための苦肉の策だったらしいのですが。

そして興味深かったのが、収集欲が過ぎて狂気的ですらあるコレクターたち。ときには人を騙してフィルムを入手したり、自分が貴重なフィルムを持っているかのごとく吹聴したり。

こうしたコレクターの闇はどのジャンルにも共通しているようで、前に読んだ古書コレクターの小説『せどり男爵数奇譚』を思い出しました。

これからも戦前映画の発見は続いてゆくのでしょう。案外、身近な場所から貴重な日本映画が発見されるかもしれませんね。