『いやげ物』みうらじゅん

読書感想文

私なぞは旅で見つけたヘンテコなお土産は、面白がって写真に撮るのがせいぜいなのですが、みうらじゅん氏は違います。「誰がこんなもん買うわけ?」と思うようなお土産を、あえてコレクションされています。

そんな、もらったら嬉しくない土産物「いやげ物」は、黒字の布に極彩色のペイントがほどこされた掛け軸ならぬ「ヘンジク」や、地元の名物や格言がプリントされたフタつき湯呑「ユノミン」、海辺でよく見る貝殻細工のキャラクター(プリ貝)など、どれも「買いたくないし、もらいたくない!」と思うものばかり。

 旅の(ヘンテコな)お土産

そして海辺の観光地で売られる貝は、絶対そこでは採れないタイプ。こちらは江ノ島のお土産屋にある法螺貝など。

江ノ島のお土産

実家のおばあちゃん部屋には、金メッキの東京タワーの置物がありました。地方都市で育った私はその置物に東京へのあこがれを抱いたものでした。いまでは素材は重い合金(昭和の雑貨はとにかく重い)プラスチックに変わりましたが、部屋で異彩を放つオーラはパワーアップしています。

時が止まったお土産デザイン

こうした「いやげ物」みやげの共通点として、レトロ…というか、時が止まったかのようなデザインなんです。

本の中にも80年代~90年代に人気のあったコント山口君と竹田君(芸人)や中華の周富徳、仮面ノリダーなどのキャラクターグッズが紹介されているのですが、どうやらこれ、今でも観光地で売られているらしいのです。

今も作られているのか、それともデッドストックなのか…こうしたレトロな 「いやげ物」は、昔ながらの観光地で時々お目にかかるのですが、見かけるとなんだかホッとします(だからといって買うわけではないが)

こちらは立山アルペンルートで見つけた雷鳥のキーホルダー。70年代テイストの変わらぬデザインが逆に新鮮。

温かみのある色調のフィルムがプリロードされたI’M Fineシングルユースカメラ。