耽美とレトロが味わえる本『秘密』マツオヒロミ

読書感想文

いま、乙女の季節を謳歌する方も、かつて乙女だった方も。 美しく、優美で蠱惑的なイラストと文豪作品のコラボレーション『乙女の本棚』シリーズにマツオヒロミが登場。

『乙女の本棚』は、文豪の名作と現代のイラストレーターがコラボした、まるで読む画集のような美しい本のシリーズです。

 乙女の本棚|立東舎

なかでも『百貨店ワルツ』などで、レトロモダンな女性たちを描く、マツオヒロミさんは、私のお気に入りのイラストレーターです。彼女の作品を見たさに、商業誌以外の同人誌画集まで購入するほど好きなのです。

(同人誌というと、いわゆる「薄い本」は、エロと簡易的な印刷のイメージがありますが、装丁も印刷も美しいものも多く、マツオヒロミさんの画集もクオリティが高いのです。)

そんな、マツオヒロミさんが谷崎潤一郎の『秘密』をイラストで表現。ページを捲ると耽美で妖艶、モダンで美しい世界が広がります。

『秘密』谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の秘密は、世間のしがらみを断って隠遁していた男が、刺激を求めるうち女装で夜の街をうろつくようになる。ある日、活動写真(映画館)で、昔なじみのあった女を見かけ、秘密の逢瀬をもつようになる…といった物語。

いまでこそ女装は当たり前ですが、明治の頃は「商売」の人以外が女装をするなんて、それこそ犯罪者あつかいをされたことでしょう。主人公はそんなスリルを楽しみながら夜の街を徘徊します。

発表は明治45年ですが、谷崎潤一郎の文の美しさと耽美な雰囲気が今読んでみてもドキドキします。谷崎は他にも『刺青』『痴人の愛』『春琴抄』など、エロスやフェティシズムを扱った作品が多く、ほかの文豪よりも敷居が低くて学生の頃よく読んでいました。

イラストだけでなく、文章のフォントや装丁にも谷崎イズムが踏襲されています。ほんと、ほかの谷崎小説もイラスト化してほしい…。

『秘密』マツオヒロミ

『百貨店ワルツ』『ILLUSTRATION MAKING & VISUAL BOOK マツオヒロミ』などで、レトロでモダンな女性を描いてきたマツオヒロミさん。谷崎の耽美な世界観を十二分にイラストで表現されています。

 『百貨店ワルツ』の感想はこちら

主人公が秘密の逢瀬を重ねるT女の憂いを含んだ表情、主人公のデカダンな雰囲気。マツオヒロミさんのすごいところは、和風モダンだけじゃなく、作品に合わせてシノワズリ(中国風)やアール・ヌーヴォーなどのデザイン要素を入れこんでいて、毎回新しいのです。

こちらのイラストも、エスニックや浮世絵のような雰囲気もあり、ずっと眺めていられます。

マツオヒロミ秘密イラスト

このシリーズは、今の乙女が名作にふれる機会を与え、昔の乙女には名作を読み返すきっかけをつくってくれれる本ですね。

わたしは『秘密』を手に入れたことで『乙女の本棚』にすっかり魅了されてしまい、これをきっかけにして谷崎潤一郎やほかの文豪作品も読みたくなりました。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA