洋館からディープな宿まで。レトロホテルの思い出

レトロ

老舗のクラシックホテルから、昭和の観光ブームで建てられた観光ホテル、ちょっと怪しげでディープなホテルなど、ちょっと変わったレトロホテルをご紹介します。

和洋折衷ホテル

明治になり、外国人専用のホテルが作られるようになりました。それらは「クラシックホテル」と呼ばれ、いまも日本各地に残っていて、その美しい建築美とホスピタリティで宿泊客をむかえてくれます。

奈良ホテル

明治期創業の老舗ホテル。和洋折衷のデザインが美しいです。奈良公園の隣に位置しているため、運が良ければ鹿に会えるそうです。

 奈良ホテル宿泊記

奈良ホテル本館
奈良ホテル外観
奈良ホテル大宴会場
奈良ホテル宴会場

日光金谷ホテル

こちらも明治期創業の日光金谷ホテル。日光東照宮のデザインを意識した和洋折衷のつくりが随所に。もはや東照宮の宿坊といってもいいのではと思います。食事もパンも絶品。パンはお土産にもおすすめ。

 日光金谷ホテル宿泊記

金谷ホテルフロント
フロント
日光金谷ホテル・擬宝珠の照明
擬宝珠の照明

昭和観光ブームホテル

高度経済成長時代から巻き起こった昭和の観光ブーム。ハイキングやスキーなど山の行楽も盛んになったことで、さまざまなホテルや観光施設ができたそうです。また、東京オリンピックをきっかけに外国人の宿泊に対応したホテルもつくられるようになったのだとか。

黒部観光ホテル

立山黒部アルペンルートは、黒部ダムが竣工された昭和30年代にひらかれた観光登山ルートで起点となる大町にはモダンな黒部観光ホテルが作られました。三角屋根がいかにも山のリゾートらしい、古き良き昭和のレジャー観光を彷彿とさせるデザインです。

昭和の山岳リゾートデザインはとにかく「強くて大きい」印象。「黒部観光ホテル」のロゴは昭和の映画タイトルのようですし、暖を取るストーブも巨大。秋口に行った時でも結構寒かったので、冬場などはこれくらいのストーブがないと広い会場が温まらないのかもしれません。

ホテル三笠温泉

こちらも、昭和の観光ホテルの面影を残したホテルです。残念ながらリニューアルされてかつての面影はありませんが、私が宿泊した時は、栓抜きやコップ入れなどが昭和レトロなホテル備品や昔ながらのお土産売り場など、懐かしい雰囲気を残したホテルでした。

タイポさんぽ・ホテル三笠温泉
三笠温泉ホテル備品

ホテルオークラ

ホテルオークラ東京

ホテルオークラ東京は1962年創業の老舗ホテル。残念ながら建て替えられてしまい、レトロな雰囲気を残す外観は見られなくなり残念。緑の中に現れる老舗ホテルは、都会の隠れ家のような雰囲気でした。

オークラは美術品の収集・展示にも力をいれているため、宿泊以外にも美術鑑賞として利用することができます。

ホテルオークラ東京

ディープな宿

一部のマニアの間で「ボロ宿」というわざと汚くて古い宿に泊まることがブームとなっていますが、こうしたディープな宿は、小心者の私は一人では泊まる勇気がないため、外観の写真を撮るくらいしかできません。

ホテルオリエンタル

かつて、横濱中華街に存在したホテルオリエンタル。このレトロな外観がたまりません。調べてみると船員さん向けの宿だったとか。勇気がなくて泊まれないまま廃業、解体されてしまい残念です。

ウォン・カーウァイ映画に出てきそうな雰囲気のある宿でした。