レトロと最先端の街・所沢さんぽ

レトロ 小さな旅

埼玉県の西部に位置する所沢は、古い商店街や木造の建物、古い飲み屋街の残る、レトロでのどかな街です。

最近ではレトロにリニューアルした西武園ゆうえんちや『となりのトトロ』の舞台となるなど、レトロと相性がよく、郊外にはのどかな田園風景のひろがる街でした。

しかし、最近の再開発により大きなタワーマンションが立ち並び、街の様子は一変しました。

所沢タワーマンション
所沢タワーマンション

人や店が増えて街が活気づくのはいいことですが、その反面、昔ながらの所沢の風景が失われるのはもったいないなあと思い、今残っている所沢のレトロを探しに街歩きをしてきました。

小さな小さな商店街

西武池袋線所沢駅から西所沢駅に通じる道にるのが「金山町商栄会」という小さな商店街。私が歩いた時は、1~2件のお店がわずかに営業してるだけでした。そのお店の前だけアーケードと看板がわずかに残っているのが時の流れを感じます…。

商店街ミニアーケード
アーケードと古い商店

商店街の周辺には、味のある商店がたくさん。「大勝利屋」というすごいネーミングの商店はもう閉店しているのか、商店街のアーケードも外されています。

こちらの理髪店はアーケードこそないものの、まだ現役で営業中。西武ライオンズのポスターがあるのはさすが所沢。2階の窓ガラスもレトロですてき。

こちらもアーケードがはずれた商店。もう営業はしていないようです。「アズマヤ」の看板のタイポが特徴的でおしゃれ。こうした街の商店のタイポは地元の看板屋さんが作ったものが多く、当時の流行りと製作者の個性が混じり合って味のあるタイポグラフィが多いのです。

 タイポさんぽ

街中に残る昭和の商店

大きな通り沿いにはマンションが立ち並ぶ所沢ですが、通りを一歩脇へ入ると、まだところどころに「昭和」が残っています。こちらは住宅街にある青果店。いい雰囲気です。品揃えもよくて、ここで買ったお芋は美味しかった…。

味わい深い八百屋
味わい深い八百屋

通り沿いに新しいビルの店舗がある狭山茶のお店。脇道にはいると、昭和のドアノブ、アルミのドアがすてきな作業所が。お店の看板ロゴも立派です。

レトロな橋とのどかな風景

こちらはファルマン通りを航空公園へ抜ける道沿いにある「旭橋」。昭和5年に作られた橋で、登録有形文化財になっています。アーチ部分はタイルで覆われたモダンなデザイン。

旭橋の近くにも小さな川が流れています。ここだけ見ると、ものすごく遠くへ来たような気分になります。

所沢の小川

こちらはレトロな中華料理店「栄華」。所沢では有名な中華やさんで、映画『検察側の罪人』のロケにも使われたのだとか。

中華料理(所沢)
中華料理(所沢)

所沢は最先端とレトロの街だった

高層マンションが立ち並び、商業施設も増え、最先端の街となった所沢ですが、一歩路地に入ればまだ、昔ながらの商店がところどころに残っていました。そんな点在する街の痕跡を探しながら歩くのは楽しいです。

プロペ通りから脇道へ抜けたところの民家にあったエスキモーアイスの冷凍庫。昭和のアイスボックスに当時のこどもたちが群がっていたのでしょうね。

エスキモーアイスクリーム
エスキモーアイスクリーム