旅先の猫たち

小さな旅

猫たちの日常は同じようでいて、実は土地ごとに特徴があるようです。特に観光地では人が多いせいか、物怖じしないねこが多いような気がします。

この江ノ島の猫は、大勢の子どもに囲まれながらも、すやすや眠っていました。

美術鑑賞をする猫

尾道といえば、尾道市立美術館の警備員さんと、入館したい地域猫との交流が話題になりましたが、実は尾道にはほかにも「美術鑑賞猫」が…。

こちらは2014年に尾道の商店街で撮影したもの。尾道の風景画を熱心に見つめる猫。よくみると、絵の上にも猫がいます。

きっと、尾道には美術が好きな猫が多いのでしょう。いや、飛び上がる距離を測っているところだろう?なんて野暮なことを言っちゃいけません。

橋をわたる猫

こちらは長崎。古い石の橋を渡る猫たち。小さな橋ですが、ずいぶんと利用されているようです。

器用にねむる猫

川越で出会った猫。路地の中の、細い勝手口のドアの上で器用に寝ています。

立ち止まる猫

こちらも川越。川越も猫の多い町で、観光客が少ない裏道でよく出会います。このこは敷石の上でじっと立ち止まっています。

濡れた土の上を歩くのが嫌なのか、それとも、結界でもあるのかな…?

坂の町の猫

坂のある街の猫は、高低差を利用して意外なところでくつろいでいます。坂の上から伝わって、屋根の上や庇の上にいることが多いようです。ひなたぼっこにもよさそうですね。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA