川越まるひろ屋上遊園地の思い出

ノスタルジック

デパートの屋上遊園地は、昭和生まれの子どもの憧れの場所。デパートの食堂でごはんをたべ、屋上遊園地で遊ぶのが、当時の子供の最高の娯楽でした。

時は過ぎ、デパートの屋上は子どもの楽園から大人の休憩所に変わり、その数はどんどん少なくなっていきました。

首都圏のデパートの屋上は、今では公園やカフェなどに変わりました。

そんな中、わずかに残る屋上遊園地は、その懐かしさとノスタルジックを感じる場所として人気がありました。

埼玉県川越市のまるひろデパートの屋上遊園地「わんぱくランド」には、観覧車やカート、空中を走る列車など、レトロで懐かしい遊具が揃っていて、かつて昭和の子どもだった私は、行くたびに心をときめかしておりました。

レトロ風景・屋上遊園地(川越)
まるひろの屋上遊園地

しかし、残念ながら、川越まるひろの屋上遊園地は2019年8月を持って閉園。保存運動なども起こったらしいのですが、耐震工事のため、撤去となったとか。

観覧車に頭上を走るモノレール、飛行機、小さい子向けにはてんとう虫のかわいい遊具。わんぱくランドは、昭和時代の屋上遊園地のイメージそのものでした。

きかんしゃトーマスときのこの人形

こうした、昔懐かしいノスタルジックな空間は、気がつくとすぐになくなってしまうので、思い出に焼き付けるため、定期的に訪れておかなければ…

『昭和ノスタルジック百貨店』

『昭和ノスタルジック百貨店』

懐かしの百貨店の歴史を紹介した本『昭和ノスタルジック百貨店』について。かつての屋上遊園地についても詳しく解説されています。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA