日光金谷ホテル宿泊記

小さな旅

2013年に宿泊した日光金谷ホテル宿泊の思い出です。 クラシックホテルの宿泊は奈良ホテルに続いて2回め。 日光金谷ホテルは日光東照宮を模した神社デザインが印象的でした。

金谷ホテルの宿泊

金谷ホテルは明治期に建てられたモダンな本館と、日本家屋を模した別館があり、私は本館に泊まりました。

クラシックホテルの部屋は、普通のホテルより少し部屋が狭いのですが、和洋折衷のすてきなインテリアと、窓から眺める日光の風景は他のホテルでは味わえません。

今回の旅の目的は「日光金谷ホテル」といってもいいくらい、金谷ホテル自体を楽しむ旅でした。

金谷ホテル室内
金谷ホテル室内

金谷ホテルの歴史

金谷ホテルは奈良ホテルと同じく、いや、それ以上に博物館としても楽しめるホテルでした。

ホテルの資料館「金谷の時間」では、創業当時からの貴重な資料や著名人の宿泊サインなどが展示されています。ヘレン・ケラーやチャップリンなど名だたる有名人のサインを見れたのにはワクワクしました。

金谷ホテルタグ
金谷ホテルタグ

また、2015年から創業当時「金谷カテッジイン」として使われていた建物が金谷ホテル歴史館として一般公開されているそうです。こちらもいつか行ってみたい…

金谷ホテル散歩

資料館や歴史館以外にも、金谷ホテルは見どころがたくさん。館内をそぞろ歩くだけで、和洋折衷のインテリアに圧倒されます。

金谷ホテルの室内は和洋折衷なのですが、日光東照宮をイメージした神社の建築様式を模したつくりが印象的でした。ダイニングルームの柱の装飾や、擬宝珠(ぎぼし)を模した照明など、日光東照宮にいるかのような錯覚におちいります。

日光金谷ホテル・擬宝珠の照明
擬宝珠の照明

館内には季節限定のプールやスケート場もありました。訪れたのが秋だったので、休業中でしたが、スケート場の建物がまたレトロで趣があり、窓から眺める紅葉が美しかったです。

スケート場はかなり高台にあり、ここまで歩くのも大変ですが、それだけの価値はあります。

観覧亭(竜宮)からの眺め

ホテルの敷地内には散策路も整備されていて、散策路から川まで降りると有名な神橋の近くまで行くことができます。

金谷ホテルの食事

金谷ホテルの食事は、2階のダイニングルームで本格的なフレンチのコースをいただきました。豪華なダイニングでいただくコースはセレブ気分が味わえました。

料理のほかにも金谷ホテルは自家製ベーカリーのパンも有名で、こちらも美味しくて、お腹が一杯なのに、ついおかわりをしてしまう美味しさでした。

私は金谷ホテルのパンを最終日に買っておき、帰ってから翌日の朝食にいただくことで、金谷ホテルの旅の余韻を楽しみました。

金谷ホテル・食事(パン)
金谷ホテル・食事

金谷ホテルのお土産

1階フロント横には金谷ホテルのおみやげコーナーがあります。ここはレトロ好きにはたまらないグッズだらけで、どれも欲しくなってしまって選ぶのが大変でした。

とりわけ、私のお気に入りは、昔のステッカーやタグをデザインしたものです。

  • 昔の原稿用紙のようなメモ帳
  • 歴代のタグや看板のステッカー
  • 神橋をデザインしたクッキー缶
  • バッゲージステッカーをモチーフにした手ぬぐい
金谷ホテルのお土産(手ぬぐい・メモ帳)
金谷ホテルのお土産(手ぬぐい・メモ帳)

もう金谷ホテルだけで、他のお土産を買わなくてもいい、質の高いお土産が充実していました。

まとめ

  • 宿泊や食事以外にも楽しみがたくさん
  • 旅の目的が日光金谷ホテル

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA