レトロモダン医院

ノスタルジック

今でも開業医はお金持ちなイメージがありますが、昔のお医者さんはもっとセレブでした。今も残る、大正~昭和の医院建築を探してみると、最先端の建築資材を使った、モダンなデザインの広いお屋敷がでてきました。

写真の医院建築は、瓦ぶきの木造洋館やコンクリートのモダン建築など、様式も場所もさまざまです。ただ、共通しているのは、大きくてモダンな建てものを建てられるだけの財力を、当時のお医者さんは持っていたということです。

石とブロックのモダン昭和医院

クレイジーキャッツや石原裕次郎の映画にでてきそうな、昭和モダンの医院建築。今では高価な石材をふんだんに使った外装や、装飾のガラスやブロックは、高度経済成長時の日本の豊かさを感じます。

青山外科(東京都武蔵野市)

青山外科(東京都武蔵野市)

石をふんだんに使った外装に、レトロなフォントの医院名。吉祥寺にあったモダンな医院跡。わたしが訪れたときは、もう廃墟となっていました。

ドアの横に受付窓があり、そちらのつくりもレトロでかっこよかったのを覚えています。

青山外科(東京都武蔵野市)

外壁は大谷石でしょうか。今、使ったらとても高そうです。フォントは長体(タテ長)でおしゃれ。「青」の文字が旧漢字ですので、昭和20年代か、それよりも古いかもしれません。

井上医院(秩父市)

こちらはもう少し時代が下がって、昭和30年代から40年代はじめといったところでしょうか。直線的な構成がモダンでシャープな印象。

井上医院(秩父市)

昭和に流行した、装飾をほどこした窓ガラス。こちらの型板ガラスは装飾が細かくて美しいです。

窓はおそらくスチールサッシ。スチールはアルミよりも格段に重いので、開閉が大変なんですよね…。ブロックと装飾ガラスのデザインも、昭和のビルなどでよくみかけました。

外灯も昭和っぽくていいですね。

井上医院(秩父市)

大正ロマンの木造医院

こちらの庄司歯科は大正14年築。木の窓枠や入り口のすりガラス、窓枠のデザインがモダンです。

惜しくも2012年に解体されてしまったそうです。

庄司歯科(東京都杉並区)

庄司歯科(西荻窪)

瓦に板ばりの洋風医院

秩父市にある片山医院。「醫」が旧漢字です。建てられたのは明治43年だそうです。木造でここまで大きく、保存状態がいい建築は珍しいですね。

ガラスも当時のままのか、戦時中のようなテープが貼られています。

片山医院(秩父市)
片山医院(秩父市)

まとめ

  • コンクリートや石、木造など、医院の建築デザインは時代によりさまざま
  • 共通しているのは、とにかく豪華で敷地が広い

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA