まるで昭和の特撮映画。現存するレトロフューチャーな建物

レトロ

昭和の特撮のロケ地は、高度経済成長時代に新しく建設されたモダンなビルディングや道路が映し出されていました。基地の司令室には光るボタンがたくさん並んだコンピューターと、連絡用の受話器。60~70年代の未来像にワクワクしたものです。

しかし時は過ぎて、当時最先端だった建物は「レトロフューチャー」と呼ばれるようになり、そのノスタルジックな佇まいは昔の特撮のイメージを思い出させてくれます。

奈良県庁

昭和40年竣工。スピーカーからビームを出しそうな雰囲気です。ウルトラマンやウルトラセブンにでてきそうなデザイン。和をモチーフにしたそうですが、どこか未来都市の建物のようでもあります。

奈良県庁舎
奈良県庁

航空公園(埼玉県所沢市)

昭和の塔はどこか、ノスタルジックで怪しいイメージがあります。こちらは埼玉県にある航空公園の放送塔ですが、怪人たちが怪しい電波を流したり、地球防衛軍が緊急時の放送をしそうな雰囲気があります。

航空公園放送塔
放送塔(所沢航空公園)

特撮基地の管制室

そしてこれ!たくさんのボタンに連絡用の受話器。60~70年代の特撮ドラマで隊長が指示を出しているイメージにぴったり。

ウルトラ基地っぽい
特撮基地っぽい航空管制室(所沢航空公園)

航空発祥記念館では、実際に航空交通管制部で使用されていたものを展示しています。

まとめ

  • 昭和の未来は現代のレトロフューチャー
  • いまも残る昭和の最先端建築は、特撮映画の思い出を彷彿とさせる

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA