「昭和」が撮れるトイカメラ VISTA QUEST

レトロ

今やスマホでいくらでも高画質の写真が撮れるのに、画質が低くクセの強い色彩のトイカメラに惹かれます。その中でも特徴的な色合いでレトロな写真が撮れるのがVISTAQUESTです。

そもそもトイカメラとは

トイカメラは、文字通り「おもちゃ」のように気軽に使える、通常カメラより画質の低いカメラ。古いアルバムの写真のような独特の色合いが特徴です。

値段は数千円から高いものでも2万程度。一眼レフより手に入れやすいですし、操作も単純です。

デジタルトイカメラ

トイカメラの種類はフィルムからデジタル、インスタントカメラまでバリエーション豊富ですが、最初は値段も手頃で撮りやすいデジタルがおすすめです。音声はありませんが、機種によっては動画撮影もできます。

現在販売されているトイデジ・トイカメラ DSC Pieni。超小型で手のひらサイズなのに動画も撮れる優れもの。値段も4,000円ほど。

 青が印象的なトイカメラGIZMON HARF D

VISTA QUESTの魅力

デジタルトイカメラの中でも、VISTAQUESTの魅力はAGFAのようなビビッドな色合いの写真です。モノクロ写真の着色、もしくは昭和20~30年代のカラーフィルム創世記の頃のように、赤や黄色が強いレトロな感じがたまらないのです。

カメラで撮り比べ

トイカメラと普通のデジカメで同じ場所(上野松竹デパート)を撮影してみました。トイカメラはVISTAQUESTを使用。角度は違いますが、同じ建物を撮影してこれだけの差が。暖色系が強いのでレトロな雰囲気が出ますね。

上野松竹デパート
VISTAQUEST撮影
スマホ撮影

VISTAQUESTで現代を昭和の風景に

トイカメラは画素数が荒かったり、色が偏っていたりするのが逆に面白く、古いフィルム写真のような味わいがあります。令和の時代もVISTAQUESTで映すと昭和っぽくなります。

15年前に御茶ノ水駅と聖橋を撮影したもの。遠くに秋葉原の電気街が見えるものの、聖橋のデザインとあいまってどこか昭和の雰囲気を感じます(遠景のぼけ感が特に)。

御茶ノ水駅と聖橋

VISTAQUEST動画

音声はありませんが動画も撮れます。こちらもまた独特の色合いと、ぎくしゃくした動きが戦後の映像のよう。しかし撮影したのは現代の長崎。路面電車は昔からある交通手段なので、レトロ感を出すにはいいアイテムですね。

VISTAQUESTのデメリット

撮影するだけでレトロな写真がとれ、動画も撮影できるすぐれもののVISTAQUESTですが、デメリットもあります。

製造中止による値段の高騰

残念ながらVISTAQUESTは現在製造中止らしく、なかなかてにはいりません。販売価格も通常価格の数倍の値がついています…。

電池の消費量

VISTAQUESTは単4電池を一本で動くのですが、ものすごく電池を消費します。電池を入れっぱなしにしておくとおそらく1日もちません。出かける時はこまめに電池を抜くか、予備の電池を数本用意しておいたほうがいいですね。

レンズとフレームの位置が違う

撮影レンズとのぞき窓の位置がずれていますので、フレームに合わせてシャッターを切ると、微妙に位置がずれた写真になります。

位置がずれてしまった写真。本当はもう少し上の建物を写したかったのですが…。

長崎・唐人屋敷跡

しかし、そんな不便なトイデジをあえてつかうのもまた、楽しいのです。

 もうひとつのトイデジ・GIZMON HALF Dの魅力

温かみのある色調のフィルムがプリロードされたI’M Fineシングルユースカメラ。