青が印象的なトイカメラ GIZMON HALF D

レトロ

前回、赤味の強いレトロなトイカメラ・VISTAQUESTをご紹介しましたが、今回は青が印象的なトイカメラ・GIZMON HALF Dです。

 「昭和」が撮れるトイカメラVISTAQUEST

GIZMON HALF Dの魅力

GIZMON HALF Dの魅力はなんと言っても青みがかった風景です。

赤みがかったビビッドな写真のVISTAQUESTは昭和30年代を彷彿とさせますが、GIZMONの写真はもう少し時代を経た昭和50~60年代、写ルンですのような雰囲気があります。ふわっとした明るさも魅力で、切ない感じに仕上がります。

  • 充電式なのでVISTAQUESTのように電池を消費しなくてすむ
  • 撮影のカラーバリエーションが豊富(10種類)
  • 動画も撮れる(音声なし)
  • スクエア写真が撮れる

他にもいろいろメリットがあり、使い勝手の良いトイデジです。特に、スクエア写真が選べるのはInstagram投稿に便利。

昔のカラー映画のような雰囲気も

GIZMON HALF D風景を撮影すると、時々思いも寄らないような写真を写してくれます。下の2枚は船のマストと舵を撮影したものですが、なんだか戦前のカラー映画のような雰囲気に仕上がりました。なんだか、原節子や高峰秀子など昭和の女優さんがデッキに持たれて海をみつめていそうです。

カメラで撮り比べ

普通のデジカメとGIZMON HALF Dで宮島の鳥居を撮影。GIZMON HALF Dでは青が強くノスタルジックな雰囲気がでます。

カメラ比較・デジカメ(宮島)
デジカメ
トイカメラgizmon(宮島)
GIZMON HALF D

撮影カラーモードの豊富さ

GIZMON HALF Dには青味のかかったスタンダードの他、「SEPIA」「MONOCHROME」「VIVID」「BIMO」「YELLOW」「MORIYAMA」「CROSS PROCESS」「COLOR NOISE」「BIYORI」といったカラーパターンの撮影ができます。

CROSS PROCESS
SEPIA

GIZMON HALF Dのデメリット

いいことづくめのGIZMON HALF Dですが、いくつか欠点も。まず充電式なのでバッテリーの寿命が早いということ。充電切れを恐れてついつい充電したら、バッテリーが壊れてしまったらしく、現在電源が入らない状態です。

なんとか修理して使いたいのですが、自分でバッテリー交換は技術がないのでできないし、修理費は新しいトイデジを買うよりも高いので思案中です。

VISTAQUESTは電池をとても消費するけれど、こちらは案外長持ちしています。

 電池式のトイカメラVISTAQUEST