レトロ自販機と懐かし飲料

レトロ

レトロ自販機は、レトロブームを背景に人気の観光スポットになってて、メディアにも取り上げられています。

その一方で、街にはときおり、打ち捨てられたレトロなショーケースや自販機をみかけます。

こうしたレトロ自販機やショーケースって、昔はたくさんの商品が入っていて、子どもたちがアイスやジュースを選んでいたのだろうな…。

そんな風に想像するのも楽しいものです。

古い自販機
古い自販機

レトロ冷蔵冷凍ショーケース

このように打ち捨てられてはいるものの、ノスタルジックな佇まいがいい風景となっている古いショーケースをときおり見かけます。

エスキモーアイスクリーム

エスキモーアイスクリームは、森永製菓のアイスでした。しかし、2010年におしまれつつ販売終了。小さい頃、青と赤のラインの入ったショーケースが店先にあるとワクワクしたものです。

エスキモーアイスクリームのケース
エスキモーアイスクリームのケース

明治牛乳パイゲンC

ほかにも、使われていないレトロ自販機って街中で見かけることがあります。

こちらは明治牛乳パイゲンCのショーケース。「パイゲンC」は昭和42年発売の乳酸飲料で、瓶入りでした。

「パイゲンC」のロゴが昭和にありがちの太い文字ですね。

レトロな雰囲気の自動販売機

白バラ牛乳

こちらは現役で使われている自動販売機。「白バラ牛乳」は山陰地方で主に売られている牛乳ですが、ロゴやイラストに昭和レトロな雰囲気を感じます。

そして、バラのイラストとカリグラフィー風なタイポが70年代風です。

白バラ牛乳レトロ自販機
白バラ牛乳自販機

アルギンZ自販機

今はもう使われていない古い自動販売機。UCCコーヒーやダイドードリンコ、今では懐かしいポカリスエットの缶などが見えます。

そして、このビタミンカラーの色使いや四角いボタンのデザインが昭和っぽい。

アルギンZレトロ自販機
アルギンZ自販機

レトロ自販機関連グッズ

レトロ自販機はプラモデルや看板部分をキーホルダーにしたものなど、さまざまな関連グッズが販売されています。

たしかに、こうしたレトロ自販機のプラモデルが家にあったら楽しいでしょうね。

おすすめ