井の頭文化園・熱帯鳥温室の思い出

ノスタルジック

かつて吉祥寺の井の頭文化園(動物園)にあった熱帯鳥温室。2013年3月、50年の歴史に幕を閉じました。閉園前に訪れた熱帯鳥温室は、古き良き「南方」をおもわせるノスタルジックな空間でした。

吹き抜けの空間に大きな熱帯植物、「キョロちゃん」よく似た、くちばしの黄色いオオハシ、回廊の柱に咲く南国の花々…。今でも時々、熱帯鳥温室の写真を見返して思い出に浸っています。

熱帯鳥温室入り口

レトロな雰囲気の異空間

温室の中には、屋根に届きそうなまで熱帯の植物がそだち、南国の鳥達が鳴き、回廊には熱帯植物がおかれ、柱にはブーゲンビリアが生い茂っている。

ブーゲンビリア(熱帯鳥温室内)
ブーゲンビリア(熱帯鳥温室内)

まるで、どこかの惑星にぽつんと建てられた植物ドームのようでもあり、打ち捨てられた昔の貴族の邸宅のようでもあり、温室を一歩入るとそこは、外の世界と隔絶された別世界でした。

1962年に建てられた井の頭文化園の熱帯鳥温室、以前は売店や休憩所なども設置されていたそうです。熱帯の植物の中で食べるソフトクリーム、美味しそう…。

閉園前のの熱帯鳥温室

熱帯鳥温室が閉園されると聞き、2013年の春に井の頭公園を訪れました。せめて、このノスタルジックな雰囲気を写真に残しておきたい、と思ったからです。

熱帯植物の回廊(熱帯鳥温室内)
熱帯植物の回廊(熱帯鳥温室内)

温室内の回廊は、南方の大きなお屋敷のようで、映画の小説のワンシーンのようでした。この窓から外をみると、いつもの動物園の景色がどこか違って見えたのを覚えています。

鳥と大きな熱帯植物(熱帯鳥温室内)

かつては中央線の電車の窓からも熱帯鳥温室がみえました。大きな熱帯植物がガラスの屋根まで成長していて、このまま屋根が壊れるんじゃないかとおもったものです。

一部の鳥たちは、園内を飛び回ったり、餌をたべたりして自由に過ごしていました。羽は切ってあるらしく、あまり遠くに飛べないみたいでしたが…

熱帯鳥温室の鳥
熱帯鳥温室の鳥

黄色いくちばしが特徴の南国の鳥オオハシ。閉園後、彼らはどこに行ったんだろう…?

ノスタルジック写真が撮れるトイカメラ

フェネック顔ハメ看板
井の頭文化園内の顔ハメ看板

井の頭文化園・熱帯鳥温室の写真は、トイカメラのVISTA QUESTで撮影しました。独特な発色がレトロでノスタルジックな雰囲気の写真に仕上げてくれます。

ただし、単4乾電池を1日1本くらいの割合で消費しますが…。

「井の頭文化園・熱帯鳥温室の思い出」と似ている記事

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA