自粛中の散歩が楽しくなった、透かしブロックさんぽ

透かしブロック

新型コロナウイルスによる自粛期間、仕事や必需品の買い出し、ソーシャルディスタンスを取った散歩くらいしか外出しませんでした。そんなとき、いつもの散歩や通勤ルートに変化をつけてくれたのが「透かしブロック」探しでした。

ホーロー看板やレトロ看板は、地方や観光地に行かないと見つけられないのですが、透かしブロックは住宅街ならいくつも見つけることができます。珍しいデザインの透かしブロックを探したり、まだ撮影していないタイプの透かしブロックを写真に撮ることで、いつもの道もたのしい散策になりました。

透かしブロック・2パターン(撮影地不明)
透かしブロック・2パターン

青海波型の透かしブロックと、直線型の透かしブロックが交互に配置されています。ブロック塀の上から塗装されているタイプ。

廃墟のような透かしブロック

透かしブロック・青海波
廃墟っぽい透かしブロック・青海波

廃墟のようなブロック塀に飾りでつけられた青海波ブロック。年数がたち、植物が生えています。ブロック塀のある建物も古い空き家で、時間の経過を感じます。

新しい透かしブロック

透かしブロック・直線(撮影地不明)
透かしブロック・直線型

比較的新しいコンクリートブロック。透かしブロックも新しいタイプのデザインです。上からみると顔文字のようにもみえます。

透かしブロックさんぽの注意点

このように、お金もかからず、遠くに行かずとも楽しめる透かしブロックさんぽですが、ひとつ注意点が。

近所で人のうちのブロック塀を撮っていると「あら、あの人、人の家を勝手に写真撮ってるわ」と、あらぬ噂をたれられそうなので、「スマホをいじってますよ」の体で、人通りが途切れたときを見計らって写真を撮っています…。

まとめ

  • よく見ると新旧たくさんの種類の透かしブロックがある
  • 透かしブロック探しは、遠くに行かなくても楽しめる趣味
  • ご近所の噂にならぬよう、撮影には注意が必要

「自粛中の散歩が楽しくなった、透かしブロックさんぽ」と似ている記事

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA