透かしブロック(曲線タイプ)

透かしブロックとは、通気性をよくし、装飾を兼ね備えたブロックのことで、主にブロック塀の上部に設置されています。最近では透かしブロックマニアの方も多く、「タモリ倶楽部」や「博士ちゃん」などのテレビでも取り上げられています。

かくいう私も珍しい透かしブロックを見ると、つい写真におさめたくなってしまいます。

さまざまなタイプがある透かしブロック。ここでは主に曲線を使用したデザインをご紹介します。

ブロックの名称はブロック塀研究会さんの資料「眩惑の透かしブロック」(該当するもののみ)を参考にさせていただきました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
みやま

みやま

東京都内

透かしブロックの代表的なパターンである「みやま」(青海波とも)。同じようで実は少しずつ形が違っているので、いろいろなパターンを探すのが楽しいです。

日の出

日の出

東京都内

一見、「みやま」かと思いますが、下の波が跳ね上がっているので「日の出」タイプらしい。

まる形

まる形

東京都内

曲線の中心に丸。どこかの国の国旗にありそうなデザイン。

鎖形

鎖形

京都府・宮津市

こちらは京都(天橋立付近)で撮影。中央のブロックにも少し装飾が入っていて、凝ったつくりになっています。ブロック塀の普請道楽といった感じ。

扇形

扇形

東京・青梅

わりあい珍しい、扇形の透かしブロック。

曲線タイプ(キラキラ)

曲線タイプ(キラキラ)

東京都内

昭和の少女漫画で背景にでてきそうな形。