はみだせ緑

路上や庭先、家の壁など、成長し、はみ出していく街の植物を観察した本『はみだす緑』に触発されて、私も街の個性的な園芸物件を探しに行きました。

路上でたくましく咲いている花や、もはや家主を追い出さんばかりに家を覆う緑など、さまざまなタイプの緑を見つけました。

ちなみに、こうした緑の投稿する場合、ハッシュタグはなぜか「#はみだせ緑」です。「#はみだせ緑」で検索すると、路上園芸学会や街の園芸物件好きによるユニークな緑の写真を見ることができます。

路上園芸学会による著作『はみだす緑』についてはこちら

郵便受け以外、はみだせ緑
透かしブロックとはみだせ緑
はみ出しすぎて見えません
レトロ建物とはみだす緑
トロ箱園芸
DSC_0924
DSC_0923
DSC_0907
DSC_0762-2
DSC_0678
DSC_0736
DSC_0739
DSC_0791
DSC_0803-2
DSC_0804-2
DSC00746
DSC_0578-yoko
DSC_0821
DSC_0924
DSC_0923
DSC_0907
DSC_0762-2
DSC_0678
DSC_0736
DSC_0739
DSC_0791
DSC_0803-2
DSC_0804-2
DSC00746
DSC_0578-yoko
DSC_0821
previous arrow
next arrow

※写真をクリックすると大きく表示されます

植物?

植物?

家主が植物

塀の部分を覆い尽くしている緑。「はみだす緑」の分類によると「家主が植物」というタイプ。このまま成長したら、家主になる日も近いかも…。

透かしブロックとはみだせ緑

透かしブロックとはみだせ緑

透かしブロック

透かしブロックとはみだせ緑は相性がよく、夏になるとニョキニョキと緑を伸ばし、透かし部分を埋めていきます。

かくれんぼ

かくれんぼ

手入れが間に合わない

猛暑により植物の成長が早く、街の休憩スペースを覆い尽くしています。ここに置かれた人形も、草に埋もれています。

ジブリっぽい

ジブリっぽい

家カバータイプ

家を覆わんばかりの緑。閉店した店や廃墟はすぐ緑におおわれてしまいますが、こちらのお家は緑をコントロールできてるみたいですね。手前のオート三輪がレトロで可愛らしい。

閉店緑

閉店緑

家カバータイプ

緑は人の手が離れたとたん、徐々に建物を侵食していきますね…。閉店店舗を覆っていきます。

すきまカバー

すきまカバー

路上タイプ

電柱の支線ワイヤーにかかる黄色いカバー。カバーできない隙間を植物でカバー。

新天地への旅立ち

新天地への旅立ち

路上タイプ

明らかに園芸種の花だと思うのですが、庭から路上に逃げ出し、新天地で花を咲かせています。ど根性ダイコンの花バージョンみたいな感じですね。

窓枠はみだし緑

窓枠はみだし緑

ど根性タイプ

はめ殺しの窓枠からの、ど根性はみだし緑。よくもまあ、こんなところから生えてきたものです。よく見ると苔も生えてます。

まずは2階から

まずは2階から

家カバータイプ

隣の家から侵食してきたのか、2階から徐々に侵食されていき、店の看板がもう見えません…。

これはすごい

これはすごい

家カバータイプ

これはすごい!2階部分が殆ど緑で覆われています。さらに、1階に置かれた植物が伸びて2階まで届いています。これこそまさにはみだせ緑と言えるでしょう…。

アーテスティック緑

アーテスティック緑

家カバータイプ

建物の上から筆で絵を描いたかのような、アーテスティック緑。赤のコントラストも美しいです。蔦の角度がみんな同じなのが、絵のタッチのよう。

ツタのからまるレトロ建物

ツタのからまるレトロ建物

家カバータイプ

古い音楽学校の建物を覆う緑。少女小説のようなロマンチックな雰囲気です。

トロ箱ソーシャルディスタンス

トロ箱ソーシャルディスタンス

溶けたトロ箱

路上園芸学会分類の「溶けたトロ箱」に入った植物たちがご時世を反映してかソーシャルディスタンスを保って生えています。