小さな旅へ

旅は準備がとにかく大変。スーツケースに荷物を詰めて、休みを調整して、海外だったらパスポートや航空券、英語の日常会話…など、いろいろと準備が必要ですが、「小さな旅」は準備の少ない、近くて短い期間の旅行です。近所の散歩から二泊三日程度の旅行まで、私なりの旅の楽しみ方をご紹介します。

その1.近所へお散歩

どこか遠くへ行かなくても、新しい発見はあるものです。私がいちばん身近で手軽にできる旅は散歩です。散歩では新しい道の発見と季節の変化を感じるようにしています。

散歩地図をつくってみる

「地図をつくる」といっても、作り方はかんたん。メモ書き程度でもいいですし、スマホに記録したり、市販の地図に書き込んでみるのも楽しいです。

内容はきれいな花が咲いている家や咲く時期、犬がいる家、パン屋さんのパン焼き上がり時間など、なんでもOK。

メモした内容を散歩のときに持ち歩けば、花の咲く時期ごとに散歩コースを変えたり、焼きたてのパンを買ったり、犬の散歩に遭遇したりすれば、いつもの散歩もぐっと楽しくなります。

その2.日帰りの旅

たとえ見逃した場所があったり、行きたい店がお休みであっても、また気軽に出直すことができる。それが日帰り旅のメリットです。

○○しばりの旅

上野・パンダラテ

近場で気軽に行ける日帰り旅ですので、旅にしばり(限定)を加えてみると、ちょっとマニアックな旅が楽しめます。

例えば「カフェしばり」では、その観光地のカフェや喫茶店を訪れることを目的とした旅。ほかにも、「美術館しばり」「神社仏閣しばり」「街歩きしばり」など、限定された場所や行動だけに絞って観光してみても面白いです。

意外と多い、日帰り旅スポット

小さな旅・江ノ島

たとえば、東京周辺なら首都圏から1~2時間あれば、埼玉県の小江戸川越や秩父、千葉は水郷佐原、神奈川なら横浜や鎌倉など、代表的な観光地に行くことができます。

また、マイナーな観光地でも、人も少なくのんびりできるし、新しい発見があるかもしれません。また、前もって日帰り観光特集などを見ながら自分だけの観光ルートを探す時間も楽しいものです。

その3.宿泊の旅

今度は少し時間とお金をかけて、宿泊の旅にでてみます。そうはいっても「小さな旅」ですので、期間も2、3日。ホテルや旅館を楽しみつつ、周辺の観光をちょこちょこと楽しみます。

そうはいっても欲張りすぎない

海を眺めて一休み

宿泊を伴う旅だと、その分遠くに行けるし、時間もたっぷりあっていろいろなところに行ける…と思いきや、欲張りすぎてあちらもこちらも…と行き過ぎてしまうと、ものすごく疲れます。

旅館やホテルに戻ってからも荷物の整理やスマホの充電、入浴などで案外時間を取られてしまい、意外にゆっくりできないのです。そのため、観光はできるだけ行く場所を絞って、そこでゆっくりと過ごしたほうが体力的にもラクです。

たまには風景を見ながらのんびりするのも、旅ならでは。

連泊のすすめ

奈良ホテル本館室内

2泊以上する旅なら、宿を変えて気分を変えたり、1日目と違った観光地めぐるのも楽しいですが、同じ宿に連泊を試してみたら、いろいろなメリットがありました。

まず、毎日重い荷物を持ち歩かなくていい。毎日の荷造りは案外めんどうですし、移動先での持ち運びやロッカーをみつけるのも一苦労です。連泊にしておけば、荷物は最終日にまとめるだけで時間の余裕ができます。

また、温泉がある宿だと、一日置きに男湯と女湯が入れ替わることがあるので、違う浴槽を楽しむことができます。